海外導入事例ーチュルボメカ(フランス語:Turboméca)


海外導入事例ーチュルボメカ(サフラングループ子会社

「NCSIMULは必需品である;私達は2年分資本回収率できた」
Gilles Cazenave-Larocheのコメント-エンジニアリングリーダー
 
パリ、2014年5月14日--SPRINGテクノロジー社は、なぜTurbomecaがNCSIMULマシンを選んだかを説明しています。
 
 
Wikipediaより
チュルボメカフランス語Turboméca)はフランス共和国ボルドーに本社を置く、小型~中型のガスタービンエンジンターボシャフトエンジンを生産している会社。ヘリコプター向けエンジンの会社として著名。航空機や誘導弾向けだけでなく、陸上車両向け、産業用、船舶用にもガスタービン機関を供給している。2001年9月、スネクマグループ(現在はサフラングループ)の傘下に入った。

他に日本語表記は、チュルボメカの日本法人であるターボメカ・ジャパン株式会社によるターボメカ[1]がある。