NCSIMULで全ての部品を精密に

Pocket

マレーシア 精密部品の専門委託製造業者Tonasco事例

Tonascoは品質管理に重点を置いているため、同社はすべての部品を測定しており、これは毎週400〜600個の部品の検査に相当します。

同社には、最大+/- 0.002mmの精度公差を測定するための設備が整った大規模な品質管理部門があります。3D座標測定機(CMM)、ビデオ測定システム、デジタルハイトゲージなどが含まれます。測定されたすべての部品は、品質管理レポートとともに顧客に届けられます。

Tonascoは、OEM顧客向けに生産を行うために、3軸、4軸、そして最近では5軸のテクノロジーに投資して、生産の立ち上げと顧客部品のますます複雑化に対応しました。

Tonascoが製造する部品は、Okuma、DMG、Makino、TAKISAWAなどの効率的で洗練されたCNC工作機械で、最大5ミクロンの公差を持つ80%のフライス加工部品です。

Tonascoでは、すべてのプログラミング活動は、OPEN MIND CAD / CAMシステムを使用する5人のプログラマーからなるチームによって実行され、hyperMILL®によって、3Dパーツ、フィクスチャーとクランプの3D図面、ラフストック、最終CADパーツ、CNC プログラムが作成されます。

Optitoolを使用することで、マシン上でしばらく実行されていたすべてのCNCプログラムを迅速かつ自信を持って最適化し、新しい製品のためのプログラミングやプロセスにかかる時間を変更することなく、加工時間サイクルタイムを自動的に短縮することができました。」
Toon Moors、テクニカルディレクター

Moorsはさらに次のように説明しています。「新しく買収したCNCマシンとGコードプロセッサの機能をテストして試して、すべてのマシンとプログラミング機能をカバーできることを確認するために、NCSIMULはGP2Rと呼ばれるテストパーツ( 軸機能と、Gコード出力を正確に調整するために機械加工したもの) を開発しました。 」

「最初に、NCSIMULはマレーシアで私たちと協力するための戦略的パートナー
WCS Solution を任命しました。 WCS Solutionは、専門知識、サポート、トレーニングを提供できるローカルのデジタルソリューションプロバイダーです。私たちの若いエンジニアリングチームは、必要なときにいつでもこのローカルサポートの恩恵を受けることができるため、質問に答えられないままになることはありません。新しいCNCや新しいニーズがあるたびに、実装についてWCSからサポートを受けます」とMoors氏は述べています。

「私たちの将来に関しては、
NCSIMULの新しいモジュ-ルを実装した新しい建物を建ててることが目標です。夜間に自動実行されるシミュレーションと最適化のモジュール。NCDOCを使用した加工指示書の自動作成、最後にNCSIMULDNCと監視モジュールを使用して工作機械のリアルタイム状態とワークショップOEEを正確に計算を目指しています 。」

About the company

Name: Tonasco

Websitewww.tonasco.com

Business: Precision components


Key benefits achieved

  • サイクルタイムと工具寿命の改善
  • 手動による確認に費やす時間を最大80%削減
  • 機械加工が衝突のないという自信